「本四バス開発株式会社」   運輸安全マネジメントに関する取り組み

  1. 輸送の安全に関する基本的な方針
    (1) 代表取締役社長は、輸送の安全の確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社内において輸送の安全の確保に主導的な役割を果たすとともに、営業所における安全に関する声に真摯に耳を傾けるなど現業部門の状況を十分に踏まえつつ、全社員に対し輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底させる。
    (2) 本規程に基づき、輸送の安全に関する「計画の策定、実行、チェック、改善(Plan Do Check  Act)」を確実に実施するとともに、安全対策を不断に見直し、全社員が一丸となって業務を遂行することにより、絶えず輸送の安全性の向上に努める。
    (3) 輸送の安全に関する情報については、積極的に公表する。
  2. 輸送の安全に関する目標
    《平成28年度目標》
    有責事故  0件
    車内事故  0件

    《広島県バス協会事故防止対策重点実施事項》

    1. 車内事故防止対策の徹底
    2. 健康起因による事故防止対策の徹底
    3. 右左折時の事故防止の徹底
  3. 自動車事故報告規則第2条に規程する事故に関する統計
    平成23年度  0件
    平成24年度  0件
    平成25年度  1件(内車両故障1件)
    平成26年度  1件
    平成27年度  0件
  4. 輸送の安全に関する重点施策
    1. 輸送の安全に関する方針に基づき、次に掲げる事項を実施する。
      (1) 輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底し、関係法令及び安全管理規定に定められた事項を遵守すること。
      (2) 輸送の安全に関する費用支出及び投資を積極的かつ効率的に行うよう努めること。
      (3) 輸送の安全に関する内部監査を行い、必要な是正措置又は予防措置を講じること。
      (4) 輸送の安全に関する情報の連絡体制を確立し、社内において必要な情報を伝達、共有すること。
      (5) 輸送の安全に関する教育及び研修に関する具体的な計画を策定し、これを的確に実施すること。
    2. 当社の各事業部が密接に協力し、一丸となって輸送の安全性の向上に努める。
  5. 輸送の安全に関する計画
    (1) 事故防止キャンペーン活動
    ①春の全国交通安全運動    4月上旬
    ②秋の全国交通安全運動    9月下旬
    ③重点点検の実施         9月~11月
    ④年末年始の安全総点検    年末年始
    (2) 防災訓練
    ①防災訓練・安全教育       2月上旬~中旬
    毎年2月8日を 「防災の日」 と定め、事故を想定した訓練及び安全教育を行う
    (3) 適正診断など
    ①乗務員は、3年毎に自動車事故対策機構の行う、 「運転者適正診断」 を受診及び、65歳以上の乗務員に「適齢診断」を受診
    ②運行管理者は、2年ごとに自動車事故対策機構の行う、 「運行管理者指導講習」 を受講
    ③整備管理者は、2年ごとに選任後研修を受講
    ④乗務員に対する指導について外部団体を積極的に利用
    (4) 瀬戸田小学校安全教室
     生口島島内の児童を対象に瀬戸田小学校において、因島警察署と合同で、バスの乗り方や交通安全に対する講習会を行う (5月)
  6. 輸送の安全に関する組織体制及び指揮命令系統
    別紙 「組織体制及び指揮命令系統」 参照
  7. 安全管理規程
    別紙 「安全管理規程」 参照
  8. 運輸の安全に関する内部監査の実施
    平成24年3月 6日実施
    平成25年3月11日実施
    平成26年3月 4日実施
    平成27年1月27日実施
    平成28年2月24日、26日実施